このカテゴリは 横ならび目次サンプル(2) で表示させ、他のカテゴリの目次ページとは背景を変更して表示しています。また、このカテゴリ固有の説明(作者・出典などの記述)を表示させています。詳しくは「特定のカテゴリの目次に説明などを追加する」「特定のカテゴリの背景を変更する」をご覧ください。
このページは、他のカテゴリの目次ページとは背景を変更して表示しています。また、このカテゴリ固有の説明(作者・出典などの記述)を表示させています。詳しくは「特定のカテゴリの目次に説明などを追加する」「特定のカテゴリの背景を変更する」をご覧ください。
このページは他の個別記事ページとは背景を変更して表示しています。詳しくは「特定の個別記事ページの背景を変更する」をご覧ください。
このカテゴリの記事ページは他の個別記事ページとは背景を変更して表示しています。詳しくは「特定の個別記事ページの背景を変更する」をご覧ください。
 

スポンサー広告

スポンサーサイト

この作品は夢小説のサンプルですので、左上の名前変換フォームで設定すると、主人公の名前を変換してご覧になれます。
Novel テンプレートは五つの基本設定をして初めて、目次も前話ページ次話ページへのナビも表紙メニューも小説一覧ページ(NovelList)も自動作成されます。御利用の際には五つの基本設定をお忘れなく!
 ←限定公開記事サンプル →十一
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加Buzzurlにブックマーク
総もくじ  3kaku_s_L.png テンプレートマニュアル共有テンプレート画像のためのカテゴリ
テンプレートについて 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
携帯用Novelテンプレート 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
表紙ページ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
Novel List 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
目次ページ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
小説本文(個別記事)ページ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
イラストリスト 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
全記事一覧ページ(All Titlelist 総目次) 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
その他・共通ページ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
携帯用テンプレートのカスタマイズ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
テンプレート別のカスタマイズ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
サイト内配布テンプレート 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
テンプレートの衣替え 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
裏技カスタマイズ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png テンプレート一覧共有テンプレート画像のためのカテゴリ
novel-templateタイプ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
novel-tempタイプ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
novel-Sタイプ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
novel-Rタイプ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
novel-Gタイプ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
novel-Jタイプ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
novel-Cタイプ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
素材屋風テンプレート 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
疑似フレームテンプレート 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
novel-PF2タイプ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
夢小説用テンプレート 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
イラストリスト付きテンプレート 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
携帯用テンプレート 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
一般ブログ用テンプレート 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png テンプレート情報共有テンプレート画像のためのカテゴリ
バージョンアップや改訂内容 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
不具合の修正 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
その他お知らせなど 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
管理人のおススメ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説サンプル(親カテゴリ)共有テンプレート画像のためのカテゴリ
風立ちぬ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
雪の女王 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
銀河鉄道の夜 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
坊っちゃん 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
幸福の王子(夢小説サンプル)  3kaku_s_L.png スポンサーサイト
 ランキングに参加中 ~応援(クリック)していただけると嬉しいです~ 素材専門検索サイトsozai-R 素材専門検索サイトsozai-R ジャンル:SKIN配布
にほんブログ村 ブログブログ ブログテンプレートへ にほんブログ村 ブログテンプレート
0574 Web Site RankingWebサイト作成支援系    0574 Web Site Ranking ジャンル:Webサイト作成支援系 ブログテンプレート
参加しているのは、ブログテンプレートや小説サイト関連のランキングなので、もしかしたらリンク先で、皆様のお役に立つ情報も見つかるかもしれません♪
*Edit
   
 

「小説サンプル(親カテゴリ)」
坊っちゃん

 画像のないテンプレートで記事をご覧になる場合は
この作品は夢小説のサンプルですので、左上の名前変換フォームで設定すると、主人公の名前を変換してご覧になれます。
Novel テンプレートは五つの基本設定をして初めて、目次も前話ページ次話ページへのナビも表紙メニューも小説一覧ページ(NovelList)も自動作成されます。御利用の際には五つの基本設定をお忘れなく!
 ←限定公開記事サンプル →十一
 
祝勝会で学校はお休みだ。練兵場(れんぺいば)で式があるというので、狸(たぬき)は生徒を引率して参列しなくてはならない。おれも職員の一人(ひとり)としていっしょにくっついて行くんだ。町へ出ると日の丸だらけで、まぼしいくらいである。学校の生徒は八百人もあるのだから、体操の教師が隊伍(たいご)を整えて、一組一組の間を少しずつ明けて、それへ職員が一人か二人(ふたり)ずつ監督(かんとく)として割り込(こ)む仕掛(しか)けである。仕掛(しかけ)だけはすこぶる巧妙(こうみょう)なものだが、実際はすこぶる不手際である。生徒は小供(こども)の上に、生意気で、規律を破らなくっては生徒の体面にかかわると思ってる奴等(やつら)だから、職員が幾人(いくたり)ついて行ったって何の役に立つもんか。命令も下さないのに勝手な軍歌をうたったり、軍歌をやめるとワーと訳もないのに鬨(とき)の声を揚(あ)げたり、まるで浪人(ろうにん)が町内をねりあるいてるようなものだ。軍歌も鬨の声も揚げない時はがやがや何か喋舌(しゃべ)ってる。喋舌らないでも歩けそうなもんだが、日本人はみな口から先へ生れるのだから、いくら小言を云(い)ったって聞きっこない。喋舌るのもただ喋舌るのではない、教師のわる口を喋舌るんだから、下等だ。おれは宿直事件で生徒を謝罪さして、まあこれならよかろうと思っていた。ところが実際は大違(おおちが)いである。下宿の婆(ばあ)さんの言葉を借りて云えば、正に大違いの勘五郎(かんごろう)である。生徒があやまったのは心(しん)から後悔(こうかい)してあやまったのではない。ただ校長から、命令されて、形式的に頭を下げたのである。商人が頭ばかり下げて、狡(ずる)い事をやめないのと一般で生徒も謝罪だけはするが、いたずらは決してやめるものでない。よく考えてみると世の中はみんなこの生徒のようなものから成立しているかも知れない。人があやまったり詫(わ)びたりするのを、真面目(まじめ)に受けて勘弁するのは正直過ぎる馬鹿(ばか)と云うんだろう。あやまるのも仮りにあやまるので、勘弁するのも仮りに勘弁するのだと思ってれば差(さ)し支(つか)えない。もし本当にあやまらせる気なら、本当に後悔するまで叩(たた)きつけなくてはいけない。

おれが組と組の間にはいって行くと、天麩羅(てんぷら)だの、団子(だんご)だの、と云う声が絶えずする。しかも大勢だから、誰(だれ)が云うのだか分らない。よし分ってもおれの事を天麩羅と云ったんじゃありません、団子と申したのじゃありません、それは先生が神経衰弱(しんけいすいじゃく)だから、ひがんで、そう聞くんだぐらい云うに極(き)まってる。こんな卑劣(ひれつ)な根性は封建時代から、養成したこの土地の習慣なんだから、いくら云って聞かしたって、教えてやったって、到底(とうてい)直りっこない。こんな土地に一年も居ると、潔白なおれも、この真似(まね)をしなければならなく、なるかも知れない。向(むこ)うでうまく言い抜(ぬ)けられるような手段で、おれの顔を汚(よご)すのを抛(ほう)っておく、樗蒲一(ちょぼいち)はない。向こうが人ならおれも人だ。生徒だって、子供だって、ずう体はおれより大きいや。だから刑罰(けいばつ)として何か返報をしてやらなくっては義理がわるい。ところがこっちから返報をする時分に尋常(じんじょう)の手段で行くと、向うから逆捩(さかねじ)を食わして来る。貴様がわるいからだと云うと、初手から逃(に)げ路(みち)が作ってある事だから滔々(とうとう)と弁じ立てる。弁じ立てておいて、自分の方を表向きだけ立派にしてそれからこっちの非を攻撃(こうげき)する。もともと返報にした事だから、こちらの弁護は向うの非が挙がらない上は弁護にならない。つまりは向うから手を出しておいて、世間体はこっちが仕掛けた喧嘩(けんか)のように、見傚(みな)されてしまう。大変な不利益だ。それなら向うのやるなり、愚迂多良童子(ぐうたらどうじ)を極め込んでいれば、向うはますます増長するばかり、大きく云えば世の中のためにならない。そこで仕方がないから、こっちも向うの筆法を用いて捕(つら)まえられないで、手の付けようのない返報をしなくてはならなくなる。そうなっては江戸(えど)っ子も駄目(だめ)だ。駄目だが一年もこうやられる以上は、おれも人間だから駄目でも何でもそうならなくっちゃ始末がつかない。どうしても早く東京へ帰って清(きよ)といっしょになるに限る。こんな田舎(いなか)に居るのは堕落(だらく)しに来ているようなものだ。新聞配達をしたって、ここまで堕落するよりはましだ。

 こう考えて、いやいや、附(つ)いてくると、何だか先鋒(せんぽう)が急にがやがや騒(さわ)ぎ出した。同時に列はぴたりと留まる。変だから、列を右へはずして、向うを見ると、大手町(おおてまち)を突(つ)き当って薬師町(やくしまち)へ曲がる角の所で、行き詰(づま)ったぎり、押(お)し返したり、押し返されたりして揉(も)み合っている。前方から静かに静かにと声を涸(か)らして来た体操教師に何ですと聞くと、曲り角で中学校と師範(しはん)学校が衝突(しょうとつ)したんだと云う。

 中学と師範とはどこの県下でも犬と猿(さる)のように仲がわるいそうだ。なぜだかわからないが、まるで気風が合わない。何かあると喧嘩をする。大方狭(せま)い田舎で退屈(たいくつ)だから、暇潰(ひまつぶ)しにやる仕事なんだろう。おれは喧嘩は好きな方だから、衝突と聞いて、面白半分に馳(か)け出して行った。すると前の方にいる連中は、しきりに何だ地方税の癖(くせ)に、引き込めと、怒鳴(どな)ってる。後ろからは押せ押せと大きな声を出す。おれは邪魔(じゃま)になる生徒の間をくぐり抜けて、曲がり角へもう少しで出ようとした時に、前へ! と云う高く鋭(するど)い号令が聞(きこ)えたと思ったら師範学校の方は粛粛(しゅくしゅく)として行進を始めた。先を争った衝突は、折合がついたには相違(そうい)ないが、つまり中学校が一歩を譲(ゆず)ったのである。資格から云うと師範学校の方が上だそうだ。

 祝勝の式はすこぶる簡単なものであった。旅団長が祝詞を読む、知事が祝詞を読む、参列者が万歳(ばんざい)を唱える。それでおしまいだ。余興は午後にあると云う話だから、ひとまず下宿へ帰って、こないだじゅうから、気に掛(かか)っていた、清への返事をかきかけた。今度はもっと詳(くわ)しく書いてくれとの注文だから、なるべく念入(ねんいり)に認(したた)めなくっちゃならない。しかしいざとなって、半切(はんきれ)を取り上げると、書く事はたくさんあるが、何から書き出していいか、わからない。あれにしようか、あれは面倒臭(めんどうくさ)い。これにしようか、これはつまらない。何か、すらすらと出て、骨が折れなくって、そうして清が面白がるようなものはないかしらん、と考えてみると、そんな注文通りの事件は一つもなさそうだ。おれは墨(すみ)を磨(す)って、筆をしめして、巻紙を睨(にら)めて、――巻紙を睨めて、筆をしめして、墨を磨って――同じ所作を同じように何返も繰(く)り返したあと、おれには、とても手紙は書けるものではないと、諦(あきら)めて硯(すずり)の蓋(ふた)をしてしまった。手紙なんぞをかくのは面倒臭い。やっぱり東京まで出掛けて行って、逢(あ)って話をするのが簡便だ。清の心配は察しないでもないが、清の注文通りの手紙を書くのは三七日の断食(だんじき)よりも苦しい。

 おれは筆と巻紙を抛(ほう)り出して、ごろりと転がって肱枕(ひじまくら)をして庭(にわ)の方を眺(なが)めてみたが、やっぱり清の事が気にかかる。その時おれはこう思った。こうして遠くへ来てまで、清の身の上を案じていてやりさえすれば、おれの真心(まこと)は清に通じるに違いない。通じさえすれば手紙なんぞやる必要はない。やらなければ無事で暮(くら)してると思ってるだろう。たよりは死んだ時か病気の時か、何か事の起った時にやりさえすればいい訳だ。

 庭は十坪(とつぼ)ほどの平庭で、これという植木もない。ただ一本の蜜柑(みかん)があって、塀(へい)のそとから、目標(めじるし)になるほど高い。おれはうちへ帰ると、いつでもこの蜜柑を眺める。東京を出た事のないものには蜜柑の生(な)っているところはすこぶる珍(めずら)しいものだ。あの青い実がだんだん熟してきて、黄色になるんだろうが、定めて奇麗(きれい)だろう。今でももう半分色の変ったのがある。婆(ばあ)さんに聞いてみると、すこぶる水気の多い、旨(うま)い蜜柑だそうだ。今に熟(うれ)たら、たんと召(め)し上がれと云ったから、毎日少しずつ食ってやろう。もう三週間もしたら、充分(じゅうぶん)食えるだろう。まさか三週間以内にここを去る事もなかろう。

 おれが蜜柑の事を考えているところへ、偶然山嵐(ぐうぜんやまあらし)が話しにやって来た。今日は祝勝会だから、君といっしょにご馳走(ちそう)を食おうと思って牛肉を買って来たと、竹の皮の包(つつみ)を袂(たもと)から引きずり出して、座敷(ざしき)の真中(まんなか)へ抛り出した。おれは下宿で芋責(いもぜめ)豆腐責になってる上、蕎麦(そば)屋行き、団子(だんご)屋行きを禁じられてる際だから、そいつは結構だと、すぐ婆さんから鍋(なべ)と砂糖をかり込んで、煮方(にかた)に取りかかった。

 山嵐は無暗(むやみ)に牛肉を頬張(ほおば)りながら、君あの赤シャツが芸者に馴染(なじみ)のある事を知ってるかと聞くから、知ってるとも、この間うらなりの送別会の時に来た一人がそうだろうと云ったら、そうだ僕(ぼく)はこの頃(ごろ)ようやく勘づいたのに、君はなかなか敏捷(びんしょう)だと大いにほめた。

「あいつは、ふた言目には品性だの、精神的娯楽(ごらく)だのと云う癖(くせ)に、裏へ廻(まわ)って、芸者と関係なんかつけとる、怪(け)しからん奴(やつ)だ。それもほかの人が遊ぶのを寛容(かんよう)するならいいが、君が蕎麦屋へ行ったり、団子屋へはいるのさえ取締上(とりしまりじょう)害になると云って、校長の口を通して注意を加えたじゃないか」

「うん、あの野郎の考えじゃ芸者買は精神的娯楽で、天麩羅や、団子は物理的娯楽なんだろう。精神的娯楽なら、もっと大べらにやるがいい。何だあの様(ざま)は。馴染の芸者がはいってくると、入れ代りに席をはずして、逃げるなんて、どこまでも人を胡魔化(ごまか)す気だから気に食わない。そうして人が攻撃(こうげき)すると、僕は知らないとか、露西亜(ロシア)文学だとか、俳句が新体詩の兄弟分だとか云って、人を烟(けむ)に捲(ま)くつもりなんだ。あんな弱虫は男じゃないよ。全く御殿女中(ごてんじょちゅう)の生れ変りか何かだぜ。ことによると、あいつのおやじは湯島のかげまかもしれない」

「湯島のかげまた何だ」

「何でも男らしくないもんだろう。――君そこのところはまだ煮えていないぜ。そんなのを食うと絛虫(さなだむし)が湧(わ)くぜ」

「そうか、大抵大丈夫(たいていだいじょうぶ)だろう。それで赤シャツは人に隠(かく)れて、温泉(ゆ)の町の角屋(かどや)へ行って、芸者と会見するそうだ」

「角屋って、あの宿屋か」

「宿屋兼料理屋さ。だからあいつを一番へこますためには、あいつが芸者をつれて、あすこへはいり込むところを見届けておいて面詰(めんきつ)するんだね」

「見届けるって、夜番(よばん)でもするのかい」

「うん、角屋の前に枡屋(ますや)という宿屋があるだろう。あの表二階をかりて、障子(しょうじ)へ穴をあけて、見ているのさ」

「見ているときに来るかい」

「来るだろう。どうせひと晩じゃいけない。二週間ばかりやるつもりでなくっちゃ」

「随分(ずいぶん)疲れるぜ。僕あ、おやじの死ぬとき一週間ばかり徹夜(てつや)して看病した事があるが、あとでぼんやりして、大いに弱った事がある」

「少しぐらい身体が疲れたって構わんさ。あんな奸物(かんぶつ)をあのままにしておくと、日本のため
にならないから、僕が天に代って誅戮(ちゅうりく)を加えるんだ」

「愉快(ゆかい)だ。そう事が極まれば、おれも加勢してやる。それで今夜から夜番をやるのかい」

「まだ枡屋に懸合(かけあ)ってないから、今夜は駄目だ」

「それじゃ、いつから始めるつもりだい」

「近々のうちやるさ。いずれ君に報知をするから、そうしたら、加勢してくれたまえ」

「よろしい、いつでも加勢する。僕(ぼく)は計略(はかりごと)は下手(へた)だが、喧嘩とくるとこれで
なかなかすばしこいぜ」

 おれと山嵐がしきりに赤シャツ退治の計略(はかりごと)を相談していると、宿の婆さんが出て来て、学校の生徒さんが一人、堀田(ほった)先生にお目にかかりたいててお出(い)でたぞなもし。今お宅へ参じたのじゃが、お留守(るす)じゃけれ、大方ここじゃろうてて捜(さが)し当ててお出でたのじゃがなもしと、閾(しきい)の所へ膝(ひざ)を突(つ)いて山嵐の返事を待ってる。山嵐はそうですかと玄関(げんかん)まで出て行ったが、やがて帰って来て、君、生徒が祝勝会の余興を見に行かないかって誘(さそ)いに来たんだ。今日は高知(こうち)から、何とか踴(おど)りをしに、わざわざここまで多人数(たにんず)乗り込んで来ているのだから、是非見物しろ、めったに見られない踴(おどり)だというんだ、君もいっしょに行ってみたまえと山嵐は大いに乗り気で、おれに同行を勧める。おれは踴なら東京でたくさん見ている。毎年八幡様(はちまんさま)のお祭りには屋台が町内へ廻ってくるんだから汐酌(しおく)みでも何でもちゃんと心得ている。土佐っぽの馬鹿踴なんか、見たくもないと思ったけれども、せっかく山嵐が勧めるもんだから、つい行く気になって門へ出た。山嵐を誘いに来たものは誰かと思ったら赤シャツの弟だ。妙(みょう)な奴(やつ)が来たもんだ。

 会場へはいると、回向院(えこういん)の相撲(すもう)か本門寺(ほんもんじ)の御会式(おえしき)のように幾旒(いくながれ)となく長い旗を所々に植え付けた上に、世界万国の国旗をことごとく借りて来たくらい、縄(なわ)から縄、綱(つな)から綱へ渡(わた)しかけて、大きな空が、いつになく賑(にぎ)やかに見える。東の隅(すみ)に一夜作りの舞台(ぶたい)を設けて、ここでいわゆる高知の何とか踴りをやるんだそうだ。舞台を右へ半町ばかりくると葭簀(よしず)の囲いをして、活花(いけばな)が陳列(ちんれつ)してある。みんなが感心して眺めているが、一向くだらないものだ。あんなに草や竹を曲げて嬉(うれ)しがるなら、背虫の色男や、跛(びっこ)の亭主(ていしゅ)を持って自慢(じまん)するがよかろう。

 舞台とは反対の方面で、しきりに花火を揚げる。花火の中から風船が出た。帝国万歳(ていこくばんざい)とかいてある。天主の松の上をふわふわ飛んで営所のなかへ落ちた。次はぽんと音がして、黒い団子が、しょっと秋の空を射抜(いぬ)くように揚(あ)がると、それがおれの頭の上で、ぽかりと割れて、青い烟(けむり)が傘(かさ)の骨のように開いて、だらだらと空中に流れ込んだ。風船がまた上がった。今度は陸海軍万歳と赤地に白く染め抜いた奴が風に揺られて、温泉(ゆ)の町から、相生村(あいおいむら)の方へ飛んでいった。大方観音様の境内(けいだい)へでも落ちたろう。

 式の時はさほどでもなかったが、今度は大変な人出だ。田舎にもこんなに人間が住んでるかと驚(おど)ろいたぐらいうじゃうじゃしている。利口(りこう)な顔はあまり見当らないが、数から云うとたしかに馬鹿に出来ない。そのうち評判の高知の何とか踴が始まった。踴というから藤間か何ぞのやる踴りかと早合点していたが、これは大間違いであった。

 いかめしい後鉢巻(うしろはちまき)をして、立(た)っ付(つ)け袴(ばかま)を穿(は)いた男が十人ばかりずつ、舞台の上に三列に並(なら)んで、その三十人がことごとく抜き身を携(さ)げているには魂消(たまげ)た。前列と後列の間はわずか一尺五寸ぐらいだろう、左右の間隔(かんかく)はそれより短いとも長くはない。たった一人列を離(はな)れて舞台の端(はし)に立ってるのがあるばかりだ。この仲間外(はず)れの男は袴だけはつけているが、後鉢巻は倹約して、抜身の代りに、胸へ太鼓(たいこ)を懸(か)けている。太鼓は太神楽(だいかぐら)の太鼓と同じ物だ。この男がやがて、いやあ、はああと呑気(のんき)な声を出して、妙な謡(うた)をうたいながら、太鼓をぼこぼん、ぼこぼんと叩(たた)く。歌の調子は前代未聞の不思議なものだ。三河万歳(みかわまんざい)と普陀洛(ふだらく)やの合併(がっぺい)したものと思えば大した間違いにはならない。

 歌はすこぶる悠長(ゆうちょう)なもので、夏分の水飴(みずあめ)のように、だらしがないが、句切りをとるためにぼこぼんを入れるから、のべつのようでも拍子(ひょうし)は取れる。この拍子に応じて三十人の抜き身がぴかぴかと光るのだが、これはまたすこぶる迅速(じんそく)なお手際で、拝見していても冷々(ひやひや)する。隣(とな)りも後ろも一尺五寸以内に生きた人間が居て、その人間がまた切れる抜き身を自分と同じように振(ふ)り舞(ま)わすのだから、よほど調子が揃(そろ)わなければ、同志撃(どうしうち)を始めて怪我(けが)をする事になる。それも動かないで刀だけ前後とか上下とかに振るのなら、まだ危険(あぶなく)もないが、三十人が一度に足踏(あしぶ)みをして横を向く時がある。ぐるりと廻る事がある。膝を曲げる事がある。隣りのものが一秒でも早過ぎるか、遅(おそ)過ぎれば、自分の鼻は落ちるかも知れない。隣りの頭はそがれるかも知れない。抜き身の動くのは自由自在だが、その動く範囲(はんい)は一尺五寸角の柱のうちにかぎられた上に、前後左右のものと同方向に同速度にひらめかなければならない。こいつは驚いた、なかなかもって汐酌(しおくみ)や関(せき)の戸(と)の及(およ)ぶところでない。聞いてみると、これははなはだ熟練の入るもので容易な事では、こういう風に調子が合わないそうだ。ことにむずかしいのは、かの万歳節のぼこぼん先生だそうだ。三十人の足の運びも、手の働きも、腰(こし)の曲げ方も、ことごとくこのぼこぼん君の拍子一つで極まるのだそうだ。傍(はた)で見ていると、この大将が一番呑気そうに、いやあ、はああと気楽にうたってるが、その実ははなはだ責任が重くって非常に骨が折れるとは不思議なものだ。

 おれと山嵐が感心のあまりこの踴を余念なく見物していると、半町ばかり、向うの方で急にわっと云う鬨の声がして、今まで穏(おだ)やかに諸所を縦覧していた連中が、にわかに波を打って、右左りに揺(うご)き始める。喧嘩だ喧嘩だと云う声がすると思うと、人の袖(そで)を潜(くぐ)り抜(ぬ)けて来た赤シャツの弟が、先生また喧嘩です、中学の方で、今朝(けさ)の意趣返(いしゅがえ)しをするんで、また師範(しはん)の奴と決戦を始めたところです、早く来て下さいと云いながらまた人の波のなかへ潜(もぐ)り込(こ)んでどっかへ行ってしまった。

 山嵐は世話の焼ける小僧だまた始めたのか、いい加減にすればいいのにと逃げる人を避(よ)けながら一散に馳(か)け出した。見ている訳にも行かないから取り鎮(しず)めるつもりだろう。おれは無論の事逃げる気はない。山嵐の踵(かかと)を踏んであとからすぐ現場へ馳けつけた。喧嘩は今が真最中(まっさいちゅう)である。師範の方は五六十人もあろうか、中学はたしかに三割方多い。師範は制服をつけているが、中学は式後大抵(たいてい)は日本服に着換(きが)えているから、敵味方はすぐわかる。しかし入り乱れて組んづ、解(ほご)れつ戦ってるから、どこから、どう手を付けて引き分けていいか分らない。山嵐は困ったなと云う風で、しばらくこの乱雑な有様を眺めていたが、こうなっちゃ仕方がない。巡査(じゅんさ)がくると面倒だ。飛び込んで分けようと、おれの方を見て云うから、おれは返事もしないで、いきなり、一番喧嘩の烈(はげ)しそうな所へ躍(おど)り込(こ)んだ。止(よ)せ止せ。そんな乱暴をすると学校の体面に関わる。よさないかと、出るだけの声を出して敵と味方の分界線らしい所を突(つ)き貫(ぬ)けようとしたが、なかなかそう旨(うま)くは行かない。一二間はいったら、出る事も引く事も出来なくなった。目の前に比較的(ひかくてき)大きな師範生が、十五六の中学生と組み合っている。止せと云ったら、止さないかと師範生の肩(かた)を持って、無理に引き分けようとする途端(とたん)にだれか知らないが、下からおれの足をすくった。おれは不意を打たれて握(にぎ)った、肩を放して、横に倒(たお)れた。堅(かた)い靴(くつ)でおれの背中の上へ乗った奴がある。両手と膝を突いて下から、跳(は)ね起きたら、乗った奴は右の方へころがり落ちた。起き上がって見ると、三間ばかり向うに山嵐の大きな身体が生徒の間に挟(はさ)まりながら、止せ止せ、喧嘩は止せ止せと揉み返されてるのが見えた。おい到底駄目だと云ってみたが聞えないのか返事もしない。

 ひゅうと風を切って飛んで来た石が、いきなりおれの頬骨(ほおぼね)へ中(あた)ったなと思ったら、後ろからも、背中を棒(ぼう)でどやした奴がある。教師の癖(くせ)に出ている、打(ぶ)て打てと云う声がする。教師は二人だ。大きい奴と、小さい奴だ。石を抛(な)げろ。と云う声もする。おれは、なに生意気な事をぬかすな、田舎者の癖にと、いきなり、傍(そば)に居た師範生の頭を張りつけてやった。石がまたひゅうと来る。今度はおれの五分刈(ぶがり)の頭を掠(かす)めて後ろの方へ飛んで行った。山嵐はどうなったか見えない。こうなっちゃ仕方がない。始めは喧嘩をとめにはいったんだが、どやされたり、石をなげられたりして、恐(おそ)れ入って引き下がるうんでれがんがあるものか。おれを誰だと思うんだ。身長(なり)は小さくっても喧嘩の本場で修行を積んだ兄さんだと無茶苦茶に張り飛ばしたり、張り飛ばされたりしていると、やがて巡査だ巡査だ逃げろ逃げろと云う声がした。今まで葛練(くずね)りの中で泳いでるように身動きも出来なかったのが、急に楽になったと思ったら、敵も味方も一度に引上げてしまった。田舎者でも退却(たいきゃく)は巧妙だ。クロパトキンより旨いくらいである。

 山嵐はどうしたかと見ると、紋付(もんつき)の一重羽織(ひとえばおり)をずたずたにして、向うの方で鼻を拭(ふ)いている。鼻柱をなぐられて大分出血したんだそうだ。鼻がふくれ上がって真赤(まっか)になってすこぶる見苦しい。おれは飛白(かすり)の袷(あわせ)を着ていたから泥(どろ)だらけになったけれども、山嵐の羽織ほどな損害はない。しかし頬(ほっ)ぺたがぴりぴりしてたまらない。山嵐は大分血が出ているぜと教えてくれた。

 巡査は十五六名来たのだが、生徒は反対の方面から退却したので、捕(つら)まったのは、おれと山嵐だけである。おれらは姓名(せいめい)を告げて、一部始終を話したら、ともかくも警察まで来いと云うから、警察へ行って、署長の前で事の顛末(てんまつ)を述べて下宿へ帰った。
関連記事
スポンサーサイト
Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加Buzzurlにブックマーク
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
 ランキングに参加中 ~応援(クリック)していただけると嬉しいです~ 素材専門検索サイトsozai-R 素材専門検索サイトsozai-R ジャンル:SKIN配布
にほんブログ村 ブログブログ ブログテンプレートへ にほんブログ村 ブログテンプレート
0574 Web Site RankingWebサイト作成支援系    0574 Web Site Ranking ジャンル:Webサイト作成支援系 ブログテンプレート
参加しているのは、ブログテンプレートや小説サイト関連のランキングなので、もしかしたらリンク先で、皆様のお役に立つ情報も見つかるかもしれません♪
   

~ Comment ~

カスタマイズに関するご質問は、他の方がその情報を共有・検索しやすくするため、最新記事や個々のテンプレートの説明記事ではなく、できるだけマニュアル内の関連記事にお願い致します。
初めて投稿なさる方は必ず  コメントの際の諸注意 をご確認ください。URL表記のないご質問、シークレットコメントのみのご質問等、諸注意を無視したコメントには返答致しません。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  ↑記事冒頭へ  
←限定公開記事サンプル    →十一

名前変換フォーム

Script by
ブログで夢小説!ユメミル?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。