このカテゴリは 横ならび目次サンプル(2) で表示させ、他のカテゴリの目次ページとは背景を変更して表示しています。また、このカテゴリ固有の説明(作者・出典などの記述)を表示させています。詳しくは「特定のカテゴリの目次に説明などを追加する」「特定のカテゴリの背景を変更する」をご覧ください。
このページは、他のカテゴリの目次ページとは背景を変更して表示しています。また、このカテゴリ固有の説明(作者・出典などの記述)を表示させています。詳しくは「特定のカテゴリの目次に説明などを追加する」「特定のカテゴリの背景を変更する」をご覧ください。
このページは他の個別記事ページとは背景を変更して表示しています。詳しくは「特定の個別記事ページの背景を変更する」をご覧ください。
このカテゴリの記事ページは他の個別記事ページとは背景を変更して表示しています。詳しくは「特定の個別記事ページの背景を変更する」をご覧ください。
 

スポンサー広告

スポンサーサイト

この作品は夢小説のサンプルですので、左上の名前変換フォームで設定すると、主人公の名前を変換してご覧になれます。
Novel テンプレートは五つの基本設定をして初めて、目次も前話ページ次話ページへのナビも表紙メニューも小説一覧ページ(NovelList)も自動作成されます。御利用の際には五つの基本設定をお忘れなく!
 ←七 →九
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加Buzzurlにブックマーク
総もくじ  3kaku_s_L.png テンプレートマニュアル共有テンプレート画像のためのカテゴリ
テンプレートについて 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
携帯用Novelテンプレート 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
表紙ページ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
Novel List 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
目次ページ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
小説本文(個別記事)ページ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
イラストリスト 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
全記事一覧ページ(All Titlelist 総目次) 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
その他・共通ページ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
携帯用テンプレートのカスタマイズ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
テンプレート別のカスタマイズ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
サイト内配布テンプレート 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
テンプレートの衣替え 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
裏技カスタマイズ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png テンプレート一覧共有テンプレート画像のためのカテゴリ
novel-templateタイプ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
novel-tempタイプ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
novel-Sタイプ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
novel-Rタイプ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
novel-Gタイプ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
novel-Jタイプ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
novel-Cタイプ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
素材屋風テンプレート 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
疑似フレームテンプレート 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
novel-PF2タイプ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
夢小説用テンプレート 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
イラストリスト付きテンプレート 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
携帯用テンプレート 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
一般ブログ用テンプレート 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png テンプレート情報共有テンプレート画像のためのカテゴリ
バージョンアップや改訂内容 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
不具合の修正 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
その他お知らせなど 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
管理人のおススメ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説サンプル(親カテゴリ)共有テンプレート画像のためのカテゴリ
風立ちぬ 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
雪の女王 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
銀河鉄道の夜 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
坊っちゃん 3kaku_s_L.png スポンサーサイト
幸福の王子(夢小説サンプル)  3kaku_s_L.png スポンサーサイト
 ランキングに参加中 ~応援(クリック)していただけると嬉しいです~ 素材専門検索サイトsozai-R 素材専門検索サイトsozai-R ジャンル:SKIN配布
にほんブログ村 ブログブログ ブログテンプレートへ にほんブログ村 ブログテンプレート
0574 Web Site RankingWebサイト作成支援系    0574 Web Site Ranking ジャンル:Webサイト作成支援系 ブログテンプレート
参加しているのは、ブログテンプレートや小説サイト関連のランキングなので、もしかしたらリンク先で、皆様のお役に立つ情報も見つかるかもしれません♪
  ↑記事冒頭へ  
←七    →九
*Edit
   
 

「小説サンプル(親カテゴリ)」
坊っちゃん

 画像のないテンプレートで記事をご覧になる場合は
この作品は夢小説のサンプルですので、左上の名前変換フォームで設定すると、主人公の名前を変換してご覧になれます。
Novel テンプレートは五つの基本設定をして初めて、目次も前話ページ次話ページへのナビも表紙メニューも小説一覧ページ(NovelList)も自動作成されます。御利用の際には五つの基本設定をお忘れなく!
 ←七 →九
 
赤シャツに勧められて釣(つり)に行った帰りから、山嵐(やまあらし)を疑ぐり出した。無い事を種に下宿を出ろと云われた時は、いよいよ不埒(ふらち)な奴(やつ)だと思った。ところが会議の席では案に相違(そうい)して滔々(とうとう)と生徒厳罰論(げんばつろん)を述べたから、おや変だなと首を捩(ひね)った。萩野(はぎの)の婆(ばあ)さんから、山嵐が、うらなり君のために赤シャツと談判をしたと聞いた時は、それは感心だと手を拍(う)った。この様子ではわる者は山嵐じゃあるまい、赤シャツの方が曲ってるんで、好加減(いいかげん)な邪推(じゃすい)を実(まこと)しやかに、しかも遠廻(とおまわ)しに、おれの頭の中へ浸(し)み込(こ)ましたのではあるまいかと迷ってる矢先へ、野芹川(のぜりがわ)の土手で、マドンナを連れて散歩なんかしている姿を見たから、それ以来赤シャツは曲者(くせもの)だと極(き)めてしまった。曲者だか何だかよくは分(わか)らないが、ともかくも善(い)い男じゃない。表と裏とは違(ちが)った男だ。人間は竹のように真直(まっすぐ)でなくっちゃ頼(たの)もしくない。真直なものは喧嘩(けんか)をしても心持ちがいい。赤シャツのようなやさしいのと、親切なのと、高尚(こうしょう)なのと、琥珀(こはく)のパイプとを自慢(じまん)そうに見せびらかすのは油断が出来ない、めったに喧嘩も出来ないと思った。喧嘩をしても、回向院(えこういん)の相撲(すもう)のような心持ちのいい喧嘩は出来ないと思った。そうなると一銭五厘の出入(でいり)で控所(ひかえじょ)全体を驚(おど)ろかした議論の相手の山嵐の方がはるかに人間らしい。会議の時に金壺眼(かなつぼまなこ)をぐりつかせて、おれを睨(にら)めた時は憎(にく)い奴だと思ったが、あとで考えると、それも赤シャツのねちねちした猫撫声(ねこなでごえ)よりはましだ。実はあの会議が済んだあとで、よっぽど仲直りをしようかと思って、一こと二こと話しかけてみたが、野郎(やろう)返事もしないで、まだ眼(め)を剥(むく)ってみせたから、こっちも腹が立ってそのままにしておいた。

それ以来山嵐はおれと口を利かない。机の上へ返した一銭五厘はいまだに机の上に乗っている。ほこりだらけになって乗っている。おれは無論手が出せない、山嵐は決して持って帰らない。この一銭五厘が二人の間の墻壁(しょうへき)になって、おれは話そうと思っても話せない、山嵐は頑(がん)として黙(だま)ってる。おれと山嵐には一銭五厘が祟(たた)った。しまいには学校へ出て一銭五厘を見るのが苦になった。

 山嵐とおれが絶交の姿となったに引き易(か)えて、赤シャツとおれは依然(いぜん)として在来の関係を保って、交際をつづけている。野芹川で逢(あ)った翌日などは、学校へ出ると第一番におれの傍(そば)へ来て、君今度の下宿はいいですかのまたいっしょに露西亜(ロシア)文学を釣(つ)りに行こうじゃないかのといろいろな事を話しかけた。おれは少々憎(にく)らしかったから、昨夜(ゆうべ)は二返逢いましたねと云(い)ったら、ええ停車場(ていしゃば)で――君はいつでもあの時分出掛(でか)けるのですか、遅いじゃないかと云う。野芹川の土手でもお目に懸(かか)りましたねと喰(く)らわしてやったら、いいえ僕(ぼく)はあっちへは行かない、湯にはいって、すぐ帰ったと答えた。何もそんなに隠(かく)さないでもよかろう、現に逢ってるんだ。よく嘘(うそ)をつく男だ。これで中学の教頭が勤まるなら、おれなんか大学総長がつとまる。おれはこの時からいよいよ赤シャツを信用しなくなった。信用しない赤シャツとは口をきいて、感心している山嵐とは話をしない。世の中は随分妙(ずいぶんみょう)なものだ。

 ある日の事赤シャツがちょっと君に話があるから、僕のうちまで来てくれと云うから、惜(お)しいと思ったが温泉行きを欠勤して四時頃(ごろ)出掛けて行った。赤シャツは一人ものだが、教頭だけに下宿はとくの昔(むかし)に引き払(はら)って立派な玄関(げんかん)を構えている。家賃は九円五拾銭(じっせん)だそうだ。田舎(いなか)へ来て九円五拾銭払えばこんな家へはいれるなら、おれも一つ奮発(ふんぱつ)して、東京から清を呼び寄せて喜ばしてやろうと思ったくらいな玄関だ。頼むと云ったら、赤シャツの弟が取次(とりつぎ)に出て来た。この弟は学校で、おれに代数と算術を教わる至って出来のわるい子だ。その癖渡(くせわた)りものだから、生れ付いての田舎者よりも人が悪(わ)るい。

 赤シャツに逢って用事を聞いてみると、大将例の琥珀のパイプで、きな臭(くさ)い烟草(たばこ)をふかしながら、こんな事を云った。「君が来てくれてから、前任者の時代よりも成績(せいせき)がよくあがって、校長も大いにいい人を得たと喜んでいるので――どうか学校でも信頼(しんらい)しているのだから、そのつもりで勉強していただきたい」

「へえ、そうですか、勉強って今より勉強は出来ませんが――」

「今のくらいで充分(じゅうぶん)です。ただ先だってお話しした事ですね、あれを忘れずにいて下さればいいのです」

「下宿の世話なんかするものあ剣呑(けんのん)だという事ですか」

「そう露骨(ろこつ)に云うと、意味もない事になるが――まあ善いさ――精神は君にもよく通じている事と思うから。そこで君が今のように出精(しゅっせい)して下されば、学校の方でも、ちゃんと見ているんだから、もう少しして都合(つごう)さえつけば、待遇(たいぐう)の事も多少はどうにかなるだろうと思うんですがね」

「へえ、俸給(ほうきゅう)ですか。俸給なんかどうでもいいんですが、上がれば上がった方がいいですね」

「それで幸い今度転任者が一人出来るから――もっとも校長に相談してみないと無論受け合えない事だが――その俸給から少しは融通(ゆうずう)が出来るかも知れないから、それで都合をつけるように校長に話してみようと思うんですがね」

「どうも難有(ありがと)う。だれが転任するんですか」

「もう発表になるから話しても差し支(つか)えないでしょう。実は古賀君です」

「古賀さんは、だってここの人じゃありませんか」

「ここの地(じ)の人ですが、少し都合があって――半分は当人の希望です」

「どこへ行(ゆ)くんです」

「日向(ひゅうが)の延岡(のべおか)で――土地が土地だから一級俸上(あが)って行く事になりました」

「誰(だれ)か代りが来るんですか」

「代りも大抵(たいてい)極まってるんです。その代りの具合で君の待遇上の都合もつくんです」

「はあ、結構です。しかし無理に上がらないでも構いません」

「とも角も僕は校長に話すつもりです。それで校長も同意見らしいが、追っては君にもっと働いて頂(いた)だかなくってはならんようになるかも知れないから、どうか今からそのつもりで覚悟(かくご)をしてやってもらいたいですね」

「今より時間でも増すんですか」

「いいえ、時間は今より減るかも知れませんが――」

「時間が減って、もっと働くんですか、妙だな」

「ちょっと聞くと妙だが、――判然とは今言いにくいが――まあつまり、君にもっと重大な責任を持ってもらうかも知れないという意味なんです」

 おれには一向分らない。今より重大な責任と云えば、数学の主任だろうが、主任は山嵐だから、やっこさんなかなか辞職する気遣(きづか)いはない。それに、生徒の人望があるから転任や免職(めんしょく)は学校の得策であるまい。赤シャツの談話はいつでも要領を得ない。要領を得なくっても用事はこれで済んだ。それから少し雑談をしているうちに、うらなり君の送別会をやる事や、ついてはおれが酒を飲むかと云う問や、うらなり先生は君子で愛すべき人だと云う事や――赤シャツはいろいろ弁じた。しまいに話をかえて君俳句をやりますかと来たから、こいつは大変だと思って、俳句はやりません、さようならと、そこそこに帰って来た。発句(ほっく)は芭蕉(ばしょう)か髪結床(かみいどこ)の親方のやるもんだ。数学の先生が朝顔やに釣瓶(つるべ)をとられてたまるものか。

 帰ってうんと考え込んだ。世間には随分気の知れない男が居る。家屋敷はもちろん、勤める学校に不足のない故郷がいやになったからと云って、知らぬ他国へ苦労を求めに出る。それも花の都の電車が通(かよ)ってる所なら、まだしもだが、日向の延岡とは何の事だ。おれは船つきのいいここへ来てさえ、一ヶ月立たないうちにもう帰りたくなった。延岡と云えば山の中も山の中も大変な山の中だ。赤シャツの云うところによると船から上がって、一日(いちんち)馬車へ乗って、宮崎へ行って、宮崎からまた一日(いちんち)車へ乗らなくっては着けないそうだ。名前を聞いてさえ、開けた所とは思えない。猿(さる)と人とが半々に住んでるような気がする。いかに聖人のうらなり君だって、好んで猿の相手になりたくもないだろうに、何という物数奇(ものずき)だ。

 ところへあいかわらず婆(ばあ)さんが夕食(ゆうめし)を運んで出る。今日もまた芋(いも)ですかいと聞いてみたら、いえ今日はお豆腐(とうふ)ぞなもしと云った。どっちにしたって似たものだ。

「お婆さん古賀さんは日向へ行くそうですね」

「ほん当にお気の毒じゃな、もし」

「お気の毒だって、好んで行くんなら仕方がないですね」

「好んで行くて、誰がぞなもし」

「誰がぞなもしって、当人がさ。古賀先生が物数奇に行くんじゃありませんか」

「そりゃあなた、大違いの勘五郎(かんごろう)ぞなもし」

「勘五郎かね。だって今赤シャツがそう云いましたぜ。それが勘五郎なら赤シャツは嘘つきの法螺右衛門(ほらえもん)だ」

「教頭さんが、そうお云いるのはもっともじゃが、古賀さんのお往(い)きともないのももっともぞなもし」

「そんなら両方もっともなんですね。お婆さんは公平でいい。一体どういう訳なんですい」

「今朝古賀のお母さんが見えて、だんだん訳をお話したがなもし」

「どんな訳をお話したんです」

「あそこもお父さんがお亡くなりてから、あたし達が思うほど暮(くら)し向(むき)が豊かになうてお困りじゃけれ、お母さんが校長さんにお頼みて、もう四年も勤めているものじゃけれ、どうぞ毎月頂くものを、今少しふやしておくれんかてて、あなた」

「なるほど」

「校長さんが、ようまあ考えてみとこうとお云いたげな。それでお母さんも安心して、今に増給のご沙汰(さた)があろぞ、今月か来月かと首を長くして待っておいでたところへ、校長さんがちょっと来てくれと古賀さんにお云いるけれ、行ってみると、気の毒だが学校は金が足りんけれ、月給を上げる訳にゆかん。しかし延岡になら空いた口があって、そっちなら毎月五円余分にとれるから、お望み通りでよかろうと思うて、その手続きにしたから行くがええと云われたげな。――」

「じゃ相談じゃない、命令じゃありませんか」

「さよよ。古賀さんはよそへ行って月給が増すより、元のままでもええから、ここに居(お)りたい。屋敷もあるし、母もあるからとお頼みたけれども、もうそう極めたあとで、古賀さんの代りは出来ているけれ仕方がないと校長がお云いたげな」

「へん人を馬鹿(ばか)にしてら、面白(おもしろ)くもない。じゃ古賀さんは行く気はないんですね。どうれで変だと思った。五円ぐらい上がったって、あんな山の中へ猿のお相手をしに行く唐変木(とうへんぼく)はまずないからね」

「唐変木て、先生なんぞなもし」

「何でもいいでさあ、――全く赤シャツの作略(さりゃく)だね。よくない仕打(しうち)だ。まるで欺撃(だ

ましうち)ですね。それでおれの月給を上げるなんて、不都合(ふつごう)な事があるものか。上げてや
るったって、誰が上がってやるものか」

「先生は月給がお上りるのかなもし」

「上げてやるって云うから、断(こと)わろうと思うんです」

「何で、お断わりるのぞなもし」

「何でもお断わりだ。お婆さん、あの赤シャツは馬鹿ですぜ。卑怯(ひきょう)でさあ」

「卑怯でもあんた、月給を上げておくれたら、大人(おとな)しく頂いておく方が得ぞなもし。若いうちは
よく腹の立つものじゃが、年をとってから考えると、も少しの我慢(がまん)じゃあったのに惜しい事をした。腹立てたためにこないな損をしたと悔(くや)むのが当り前じゃけれ、お婆の言う事をきいて、赤シャツさんが月給をあげてやろとお言いたら、難有(ありがと)うと受けておおきなさいや」

「年寄(としより)の癖に余計な世話を焼かなくってもいい。おれの月給は上がろうと下がろうとおれの月給だ」

 婆さんはだまって引き込んだ。爺(じい)さんは呑気(のんき)な声を出して謡(うたい)をうたってる。謡というものは読んでわかる所を、やにむずかしい節をつけて、わざと分らなくする術だろう。あんな者を毎晩飽(あ)きずに唸(うな)る爺さんの気が知れない。おれは謡どころの騒(さわ)ぎじゃない。月給を上げてやろうと云うから、別段欲しくもなかったが、入らない金を余しておくのももったいないと思って、よろしいと承知したのだが、転任したくないものを無理に転任させてその男の月給の上前を跳(は)ねるなんて不人情な事が出来るものか。当人がもとの通りでいいと云うのに延岡下(くんだ)りまで落ちさせるとは一体どう云う了見(りょうけん)だろう。太宰権帥(だざいごんのそつ)でさえ博多(はかた)近辺で落ちついたものだ。河合又五郎(かあいまたごろう)だって相良(さがら)でとまってるじゃないか。とにかく赤シャツの所へ行って断わって来なくっちあ気が済まない。

 小倉(こくら)の袴(はかま)をつけてまた出掛けた。大きな玄関へ突(つ)っ立って頼むと云うと、また例の弟が取次に出て来た。おれの顔を見てまた来たかという眼付(めつき)をした。用があれば二度だって三度だって来る。よる夜なかだって叩(たた)き起(おこ)さないとは限らない。教頭の所へご機嫌伺(きげんうかが)いにくるようなおれと見損(みそくな)ってるか。これでも月給が入らないから返しに来(きた)んだ。すると弟が今来客中だと云うから、玄関でいいからちょっとお目にかかりたいと云ったら奥(おく)へ引き込んだ。足元を見ると、畳付(たたみつ)きの薄っぺらな、のめりの駒下駄(こまげた)がある。奥でもう万歳(ばんざい)ですよと云う声が聞(きこ)える。お客とは野だだなと気がついた。野だでなくては、あんな黄色い声を出して、こんな芸人じみた下駄を穿(は)くものはない。
 しばらくすると、赤シャツがランプを持って玄関まで出て来て、まあ上がりたまえ、外の人じゃない吉川君だ、と云うから、いえここでたくさんです。ちょっと話せばいいんです、と云って、赤シャツの顔を見ると金時のようだ。野だ公と一杯(いっぱい)飲んでると見える。

「さっき僕の月給を上げてやるというお話でしたが、少し考えが変ったから断わりに来たんです」

 赤シャツはランプを前へ出して、奥の方からおれの顔を眺(なが)めたが、とっさの場合返事をしかねて茫然(ぼうぜん)としている。増給を断わる奴が世の中にたった一人飛び出して来たのを不審(ふしん)に思ったのか、断わるにしても、今帰ったばかりで、すぐ出直してこなくってもよさそうなものだと、呆(あき)れ返ったのか、または双方合併(そうほうがっぺい)したのか、妙な口をして突っ立ったままである。

「あの時承知したのは、古賀君が自分の希望で転任するという話でしたからで……」

「古賀君は全く自分の希望で半ば転任するんです」

「そうじゃないんです、ここに居たいんです。元の月給でもいいから、郷里に居たいのです」

「君は古賀君から、そう聞いたのですか」

「そりゃ当人から、聞いたんじゃありません」

「じゃ誰からお聞きです」

「僕の下宿の婆さんが、古賀さんのおっ母(か)さんから聞いたのを今日僕に話したのです」

「じゃ、下宿の婆さんがそう云ったのですね」

「まあそうです」

「それは失礼ながら少し違うでしょう。あなたのおっしゃる通りだと、下宿屋の婆さんの云う事は信ずる
が、教頭の云う事は信じないと云うように聞えるが、そういう意味に解釈して差支(さしつか)えないでしょうか」

 おれはちょっと困った。文学士なんてものはやっぱりえらいものだ。妙な所へこだわって、ねちねち押(お)し寄せてくる。おれはよく親父(おやじ)から貴様はそそっかしくて駄目(だめ)だ駄目だと云われたが、なるほど少々そそっかしいようだ。婆さんの話を聞いてはっと思って飛び出して来たが、実はうらなり君にもうらなりのおっ母さんにも逢って詳(くわ)しい事情は聞いてみなかったのだ。だからこう文学士流に斬(き)り付けられると、ちょっと受け留めにくい。

 正面からは受け留めにくいが、おれはもう赤シャツに対して不信任を心の中(うち)で申し渡してしまった。下宿の婆さんもけちん坊(ぼう)の欲張り屋に相違ないが、嘘は吐(つ)かない女だ、赤シャツのように裏表はない。おれは仕方がないから、こう答えた。

「あなたの云う事は本当かも知れないですが――とにかく増給はご免蒙(めんこうむ)ります」

「それはますます可笑(おか)しい。今君がわざわざお出(いで)になったのは増俸を受けるには忍(しの)びない、理由を見出したからのように聞えたが、その理由が僕の説明で取り去られたにもかかわらず増俸を否まれるのは少し解しかねるようですね」

「解しかねるかも知れませんがね。とにかく断わりますよ」

「そんなに否(いや)なら強いてとまでは云いませんが、そう二三時間のうちに、特別の理由もないの
に豹変(ひょうへん)しちゃ、将来君の信用にかかわる」

「かかわっても構わないです」

「そんな事はないはずです、人間に信用ほど大切なものはありませんよ。よしんば今一歩譲(ゆず)って、下宿の主人が……」

「主人じゃない、婆さんです」

「どちらでもよろしい。下宿の婆さんが君に話した事を事実としたところで、君の増給は古賀君の所得を削(けず)って得たものではないでしょう。古賀君は延岡へ行かれる。その代りがくる。その代りが古賀君よりも多少低給で来てくれる。その剰余(じょうよ)を君に廻(ま)わすと云うのだから、君は誰にも気の毒がる必要はないはずです。古賀君は延岡でただ今よりも栄進される。新任者は最初からの約束(やくそく)で安くくる。それで君が上がられれば、これほど都合(つごう)のいい事はないと思うですがね。いやなら否(いや)でもいいが、もう一返うちでよく考えてみませんか」

 おれの頭はあまりえらくないのだから、いつもなら、相手がこういう巧妙(こうみょう)な弁舌を揮(ふる)えば、おやそうかな、それじゃ、おれが間違ってたと恐(おそ)れ入って引きさがるのだけれども、今夜はそうは行かない。ここへ来た最初から赤シャツは何だか虫が好かなかった。途中(とちゅう)で親切な女みたような男だと思い返した事はあるが、それが親切でも何でもなさそうなので、反動の結果今じゃよっぽど厭(いや)になっている。だから先がどれほどうまく論理的に弁論を逞(たくまし)くしようとも、堂々たる教頭流におれを遣り込めようとも、そんな事は構わない。議論のいい人が善人とはきまらない。遣り込められる方が悪人とは限らない。表向きは赤シャツの方が重々もっともだが、表向きがいくら立派だって、腹の中まで惚(ほ)れさせる訳には行かない。金や威力(いりょく)や理屈(りくつ)で人間の心が買える者なら、高利貸でも巡査(じゅんさ)でも大学教授でも一番人に好かれなくてはならない。中学の教頭ぐらいな論法でおれの心がどう動くものか。人間は好き嫌いで働くものだ。論法で働くものじゃない。

「あなたの云う事はもっともですが、僕は増給がいやになったんですから、まあ断わります。考えたって同じ事です。さようなら」と云いすてて門を出た。頭の上には天の川が一筋かかっている。

関連記事
スポンサーサイト
Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加Buzzurlにブックマーク
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
 ランキングに参加中 ~応援(クリック)していただけると嬉しいです~ 素材専門検索サイトsozai-R 素材専門検索サイトsozai-R ジャンル:SKIN配布
にほんブログ村 ブログブログ ブログテンプレートへ にほんブログ村 ブログテンプレート
0574 Web Site RankingWebサイト作成支援系    0574 Web Site Ranking ジャンル:Webサイト作成支援系 ブログテンプレート
参加しているのは、ブログテンプレートや小説サイト関連のランキングなので、もしかしたらリンク先で、皆様のお役に立つ情報も見つかるかもしれません♪
  ↑記事冒頭へ  
←七    →九
   

~ Comment ~

カスタマイズに関するご質問は、他の方がその情報を共有・検索しやすくするため、最新記事や個々のテンプレートの説明記事ではなく、できるだけマニュアル内の関連記事にお願い致します。
初めて投稿なさる方は必ず  コメントの際の諸注意 をご確認ください。URL表記のないご質問、シークレットコメントのみのご質問等、諸注意を無視したコメントには返答致しません。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  ↑記事冒頭へ  
←七    →九

名前変換フォーム

Script by
ブログで夢小説!ユメミル?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。