FC2ブログ

Novel テンプレート

このページは、読みやすさを重視して、画像のないプレーンなタイプのテンプレートで表示させています。元のデザインテンプレートに戻るには  Home  をクリックしてください。

   タイトルをクリックすると、記事が表示されます。

【 ファンタジー 】 記事一覧 

  --.--.  【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト   記事を読む▼
  02.25.  【 雪の女王 】 あらすじ   記事を読む▼
  02.25.  【 銀河鉄道の夜 】 概要   記事を読む▼
  08.01.  【 幸福の王子(夢小説サンプル)  】 幸福の王子 1   記事を読む▼


スポンサーサイト  

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

EntryTop
PageTop



あらすじ  

雪の女王

ある所にカイ(Kay)という少年とゲルダ(Gerda)という少女がいた。二人はとても仲良しだった。 しかしある日、悪魔の作った鏡の欠片がカイの眼と心臓に刺さり、彼の性格は一変してしまう。 その後のある雪の日、カイがひとりで橇(そり)遊びをしていたところ、どこからか雪の女王が現れた。 そして、魅入るようにして彼をその場から連れ去ってしまった。

春になると、カイを探しに出かけるゲルダの姿があった。 太陽や花、動物の声に耳を傾け、少女は旅を続ける。 途中、王子と王女の助けによって馬車を得るものの、それが元で山賊に襲われる。 あわや殺されようとするところを山賊の娘に救われたゲルダは、娘が可愛がっていた鳩に、カイは北の方に行ったと教えられる。 山賊の娘が用立ててくれたトナカイの背に乗って、ゲルダはとうとう雪の女王の宮殿にたどり着く。

カイを見つけたゲルダは涙を流して喜び、その涙はカイの心に突き刺さった鏡の欠片を溶かす。 少年カイは元の優しさを取り戻し、二人は手を取り合って故郷に帰った。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



関連記事
スポンサーサイト

この記事にコメン卜するこの記事にコメン卜する



概要  

銀河鉄道の夜

『銀河鉄道の夜』(ぎんがてつどうのよる)は、宮沢賢治の童話作品。孤独な少年ジョバンニが、友人カムパネルラと銀河鉄道の旅をする物語。

幻想的かつ壮大なスケールと哲学的な疑問を投げかけていながらもそれと意識させない緻密なストーリーで宮沢賢治童話の最高傑作のひとつとされている。豊かなイメージに満ちており、作者逝去のため未定稿のまま遺されたこと、多くの造語が使われていることなどもあって研究家の間でも様々な解釈が行われている。これまで数度にわたり、映画化やアニメーション化、演劇化され、最近ではプラネタリウム番組も作られている。ここから生まれた派生作品も数多い。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関連記事
Tag List  * | Novel | 長篇 | 完結 | ファンタジー | 日本 |
*Edit TB(0) | CO(1)

EntryTop
PageTop

この記事にコメン卜するこの記事にコメン卜する



幸福の王子 1  

幸福の王子(夢小説サンプル) 


この小説は主人公の名前を変換できる夢小説用のサンプルです。名前変換フォーム、ブログ夢小説パーツ「ユメミニ」は夢小説用テンプレートに実装されています。
夢小説用テンプレートのサンプルはコチラ 公開中の夢小説用テンプレートの一覧はコチラ
夢小説用テンプレートはスタイルシートを変更する事でデザイン変更できます。詳しくは夢小説用テンプレートの設定をご覧ください。

幸福の王子
The Happy Prince
オスカー・ワイルド作
結城浩訳
出典: 青空文庫

町の上に高く柱がそびえ、その上に幸福の王子の像が立っていました。幸福の王子の像は全体を薄い純金で覆われ、目は二つの輝くサファイアで、幸福の王子の剣のつかには大きな赤いルビーが光っていました。

幸福の王子は皆の自慢でした。「風見鶏と同じくらいに美しい」と、芸術的なセンスがあるという評判を得たがっている一人の市会議員が言いました。「もっとも風見鶏ほど便利じゃないがね」と付け加えて言いました。これは夢想家だと思われないように、と心配したからです。実際には彼は夢想家なんかじゃなかったのですが。

「どうしてあの幸福の王子みたいにちゃんとできないの」月が欲しいと泣いている幼い男の子に、賢明なお母さんが聞きました。「幸福の王子は決して何かを欲しがって泣いたりしないのよ」

「この世界の中にも、本当に幸福な人がいる、というのはうれしいことだ」失望した男が、この素晴らしい像を見つめてつぶやきました。

「天使のようだね」と、明るい赤のマントときれいな白い袖なしドレスを来た養育院の子供たちが聖堂から出てきて言いました。

「どうしてそのようなことがわかるのかね」と数学教師がいいました。「天使など見たことがないのに」

「ああ、でも見たことはありますよ。夢の中で」と子供たちは答えました。すると数学教師は眉をひそめてとても厳しい顔つきをしました。というのは彼は子供たちが夢を見ることはよろしくないと考えていたからです。

ある晩、その町に小さなツバメが飛んできました。友達らはすでに六週間前にエジプトに出発していましたが、そのツバメは残っていました。彼は最高にきれいな葦に恋をしていたからです。ツバメが彼女に出会ったのは春のはじめ、大きくて黄色い蛾を追って川の下流へ向かって飛んでいたときでした。葦のすらっとした腰があまりにも魅力的だったので、ツバメは立ち止まって彼女に話しかけたのです。

「君を好きになってもいいかい」とツバメは言いました。ツバメは単刀直入に話すのが好きでした。葦は深くうなずきました。そこでツバメは、翼で水に触れながら彼女の周りをぐるぐると回り、銀色のさざなみを立てました。これはツバメからのラブコールで、それは夏中続きました。

「彼女はおかしな恋人だね」と他のツバメたちがぺちゃぺちゃ言いました。「財産はないくせに、親戚は多すぎるときてる」実際、その川は葦でいっぱいだったのです。やがて、秋が来るとそのツバメたちもみんな飛んでいってしまいました。

みんなが行ってしまうと、ツバメはさびしくなり、自分の恋人にも飽き始めました。「彼女は何も話してくれないしな」ツバメは言いました。「それに浮気っぽいんじゃないかと思うんだ。だって彼女はいつも風といちゃついてるんだから」確かに、風が吹くといつも、葦は最高に優美なおじぎをするのでした。「彼女は家庭的なのは認めるけれど」とツバメは続けました。「でも、僕は旅をするのが好きなんだから、僕の妻たるものも、旅をするのが好きでなくっちゃ」

とうとうツバメは「僕と一緒に行ってくれないか」と彼女に言いました。でも葦は首を横に振りました。彼女は自分の家にとても愛着があったのです。

「君は僕のことをもてあそんでいたんだな」とツバメは叫びました。「僕はピラミッドに出発するよ。じゃあね」ツバメは飛び去りました。
関連記事
Tag List  * | Novel | 完結 | ファンタジー |
*Edit TB(-) | CO(-) 

EntryTop
PageTop


H O M E


 難易度別カスタマイズ ▼


 よくあるご質問


 カスタマイズの手引き


 テンプレートマニュアル ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。