Novel テンプレート

このページは、読みやすさを重視して、画像のないプレーンなタイプのテンプレートで表示させています。元のデザインテンプレートに戻るには  Home  をクリックしてください。

   タイトルをクリックすると、記事が表示されます。

【 カスタマイズの難易度3 】 記事一覧 

  --.--.  【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト   記事を読む▼
  03.05.  【 その他・共通ページ 】 サイトナビゲーション②   記事を読む▼
  03.26.  【 その他・共通ページ 】 新着マーク(New)の説明   記事を読む▼
  04.23.  【 その他・共通ページ 】 文字のカスタマイズ(フォントサイズ・色・行間・左右の余白の変更)   記事を読む▼
  05.16.  【 表紙ページ 】 スクロールバーの設置   記事を読む▼
  05.27.  【 その他・共通ページ 】 コメント内容も検索できるブログ内検索フォーム   記事を読む▼
  08.24.  【 小説本文(個別記事)ページ 】 記事の中にメールフォームを作る   記事を読む▼
  09.12.  【 小説本文(個別記事)ページ 】 関連エントリーメーカーを新着順から昇順に変更する   記事を読む▼
  01.25.  【 全記事一覧ページ(All Titlelist 総目次) 】 全記事一覧ページの表示順序の変更   記事を読む▼
  12.09.  【 裏技カスタマイズ 】 Enterページ(扉・クッションページ)をつくる その1   記事を読む▼
  02.17.  【 テンプレートの衣替え 】 テンプレートを一般ブログスタイルに変更する   記事を読む▼
  05.25.  【 小説本文(個別記事)ページ 】 小説本文(個別記事)ページで特定のカテゴリOR作品(カテゴリ)ごとに違うバナーや定型文を表示させる   記事を読む▼
  06.27.  【 テンプレートの衣替え 】 フルスクリーンテンプレートの衣替え   記事を読む▼
  07.01.  【 テンプレート別のカスタマイズ 】 【改訂版】ポップアップ表示のカスタマイズ   記事を読む▼
  10.17.  【 裏技カスタマイズ 】 Enterページ(扉・クッションページ)をつくる その2   記事を読む▼
  12.11.  【 裏技カスタマイズ 】 novel-C-Enter 検索避けの解除 & SEO対策   記事を読む▼


スポンサーサイト  

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

EntryTop
PageTop



サイトナビゲーション②  

その他・共通ページ

カスタマイズの難易度3 カスタマイズの難易度3

サイトナビゲーションの変更


表紙メニューに新設した新しいコンテンツをサイトナビゲーションにも追加したい場合はHTMLのサイトナビゲーションのソースを変更する必要があります。前ページで説明したように、サイトナビゲーションは全部で5種類ありますテンプレートのタイプによって違いますので、全てを変更するのか、それとも一部だけを変更するのか、それぞれのケースに合わせてカスタマイズしてください。

関連記事
スポンサーサイト

この記事にコメン卜するこの記事にコメン卜する



新着マーク(New)の説明  

その他・共通ページ

カスタマイズの難易度1 カスタマイズの難易度1…表示時間だけを変更する場合
カスタマイズの難易度3 カスタマイズの難易度3…マークの表示を変更する場合

New(新着マーク)について


Novelテンプレートは新着マークが標準仕様になっています。72時間以内に更新(投稿)された記事・コメント・トラックバックについては、表紙ページの最近の更新最近のコメント最近のトラックバック目次ページの記事タイトル・投稿者名の横に 新着マーク(赤字でNew)が表示されますが、更新後72時間が過ぎると自然と消えます。

ご説明が遅れたことで、DLしてくださった皆様にはご不審な思いをさせてしまって本当に申しわけございません。

関連記事

この記事にコメン卜するこの記事にコメン卜する



文字のカスタマイズ(フォントサイズ・色・行間・左右の余白の変更)  

その他・共通ページ

カスタマイズの難易度3 カスタマイズの難易度3

文字の大きさ・色・行間・左右の余白を変更する


Novelテンプレートは文字を大きめに設定しています。閲覧者の中には視力が弱い方もおられますし、視力に問題がなくとも、一般HPの読みやすい大きさの文字に慣れたオンノベファンは、文字が小さく読み辛いブログ小説を敬遠する傾向にあります。(管理人もその一人…(^^ゞ)ですから、個人的には余り小さな文字になさるのはおススメできません。文字を小さくする場合には、文字の大きさを絶対値で固定するのではなく、相対値で指定して、必用とあらば、閲覧者が文字の大きさを変更して読めるようにしましょう。黒背景のテンプレートの文字色を変更する場合も、暗い色調な文字色や、明度はあっても赤や青は大変読み辛いので、注意が必要です。

関連記事


スクロールバーの設置  

表紙ページ

カスタマイズの難易度3 カスタマイズの難易度3

「最近の更新」をスクロールバーで囲む



このカスタマイズは「ブログパーツをさがせ」さまの
かこんで楽しいスクロールバーの設定 で教えていただきました。
satokotoさま、ありがとうございました!
関連記事

この記事にコメン卜するこの記事にコメン卜する



コメント内容も検索できるブログ内検索フォーム  

その他・共通ページ

カスタマイズの難易度3 カスタマイズの難易度3

コメント内容も検索できる検索フォームの設置をとのご要望を頂戴し、えっ?と思った管理人。
あれっ?ブログ内検索って、コメントも検索できたはずだけと…(・・?
慌てて調べてみたら、確かにコメント内容はヒットしない、お、おかしい。
でも、確か…できたはずなのにと、あやうやな記憶を頼りに調べてみると…。
な~んのことはなく、別ブログで随分以前に、コメント内容も検索できる検索フォームにカスタマイズしていたのをすっかり忘れておりました。
しかも、カスタマイズしたのは忘れていても、コメントが検索できたのだけは覚えていて、DL時の公式検索フォーム=コメント検索も可と思いこんでいたわけでした。な、なさけなぁ~(^^ゞ

早速、拙宅もコメントも検索できる検索フォームにカスタマイズしましたよん♪
共有プラグインにもそれらしいものがなかっのですが、ということは、わざわざプラグインとして公開する必要もないくらい一般的なカスタマイズかもしれませんが、ご存知ない方にとっては、とても役に立つカスタマイズだと思うので、参考記事をご紹介♪

てんぽ  ブログ内検索のカスタマイズ


公式プラグインでフリーエリアのプラグインを設置して、上の記事で公開してくださっている検索フォームのソースを貼り付ければそれでOKです。

【環境設定】⇒【プラグインの設定】⇒【公式プラグインの追加】⇒
[拡張プラグイン]【フリーエリア】⇒【追加
開いた画面の編集エリアにソースを貼り付けて⇒【追加

検索フォームは二つもいらないので、初期設定の公式プラグインを削除してから、タイトルも変更します。

プラグイン管理】をクリックして開いた画面のリストから【検索フォーム】の[削除]をクリック。
続いて、タイトルを「フリーエリア」から「検索フォーム」などに変更して【設定】をクリック。

通常ブログ画面のに新しい検索フォームが設置されているはずです。
コメントをくださった方のHNなどいれて、ヒットすればOKです。


関連記事

この記事にコメン卜するこの記事にコメン卜する



記事の中にメールフォームを作る  

小説本文(個別記事)ページ

カスタマイズの難易度3 カスタマイズの難易度3

おススメカスタマイズ!


いつもお世話になっているFC2ブログのテンプレート工房さまですが、小説サイトを運営なさっている皆様にとっては実に有用なカスタマイズ記事をアップしてくださいましたのでご紹介させていただきます。

コチラ記事の中にメールフォームを作る

ブログでメールフォームを設定する場合、プラグインに追加するだけでOKですので、とても簡単ですが、メールフォームが表示されるのは当然のことながら、サイドメニューのプラグインスペースになってしまいます。それをサイドメニューではなく、記事中に設定できるとなれば、サイトナビゲーションや表紙メニューにメールフォームのある記事へのリンクボタンを追加することもできますし、マイブログをよりHPっぽく仕上げることができますのでおススメであります。

但しこのメールフォームはメール送信後、自動的に通常ブログ画面が開き、ページは変更できません。

諸般の事情から拙宅ではメールフォームを設置しておりませんが、ご興味のある方はぜひ、トライしてみてくださいませ。

関連記事

この記事にコメン卜するこの記事にコメン卜する



関連エントリーメーカーを新着順から昇順に変更する  

小説本文(個別記事)ページ

カスタマイズの難易度3 カスタマイズの難易度3

新作テンプレートについての先日の記事でお知らせしましたが、
関連エントリーメーカー(個別記事の末尾に表示されている同一カテゴリ一覧―新着順もくじのことです)のご考案者、
Harmonia!!のちよろ様が、
昇順のスクリプトをご考案くださいました。

FC2ブログで関連エントリーを表示させるスクリプト

ちよろ様、ありがとうございました!<m(__)m>

これにともない、現在公開中のテンプレートを全て、昇順に改定させていただきました。
以下は、すでにご利用中のお手元のテンプレートを、昇順に変更なさる場合のカスタマイズです。
関連記事

この記事にコメン卜するこの記事にコメン卜する



全記事一覧ページの表示順序の変更  

全記事一覧ページ(All Titlelist 総目次)

カスタマイズの難易度3 カスタマイズの難易度3

(2012.9.1.改訂)

Novelテンプレートは、記事の表示順序が以下のように設定されている事を前提にしています。

表紙ページの最近の更新一番新しい記事が一番上(新⇒古順)
作品目次ページ 書かれた順番(古⇒新順)
通常ブログ画面 一番新しい記事が一番上(新⇒古順)



All Titlelist(全記事一覧ページ)の表示順序は、ページ別(通常ブログ画面)の設定と同じになります。
ですから、上の設定にした場合、本来であれば、All Titlelist(全記事一覧ページ)の表示順序は新⇒古順になります。
けれども、NovelテンプレートではAll Titlelist(全記事一覧ページ)を総目次として活用しているため、スクリプトで、ページ別(通常ブログ画面)の設定とは逆順の、古⇒新順で表示させています。

もしも、Novelテンプレートご利用前、あるいはご利用後も通常ブログ画面に「はじめに」など一番古い記事を表示させるために、ページ別の記事の表示順序を古⇒新の設定になさっている場合、DL時のままですと、全記事一覧ページは新⇒古順に表示されてしまいます。

それを是正し、全記事一覧ページを目次として見やすい古⇒新順に表示させるためには、通常ブログ画面の表示表示順序を新⇒古順に設定変更するか、テンプレート内のスクリプトの一部を変更(カスタマイズ)する必要があります。

記事の表示順序の変更方法は コチラ

以下は設定変更せずに、All Titlelist(全記事一覧ページ)を古⇒新順に表示させる場合のカスタマイズです。
関連記事

この記事にコメン卜するこの記事にコメン卜する



Enterページ(扉・クッションページ)をつくる その1  

裏技カスタマイズ


カスタマイズの難易度3 カスタマイズの難易度3

年齢制限サイトや、同人サイトでよく見かける、Enterページ・扉ページ・クッションページなどと呼ばれる、クリックして初めて中に入れる、サイト閲覧前の意思確認のページの作り方です。
今まで、このような入室の意思確認のページが必要だった拙作ユーザー様は、プライベートモードに設定なさり、パス入力のページにその役目を担わせていたのではないかと思います。
しかし、プライベートモードのパス入力のページは機能的にはその役目を果たしていても、いかにも殺風景でした。
プライベートモード
これでは余りに味気ないので、何とかしたい方のためのカスタマイズです。

とはいえ、ブログのトップページ・表紙(インデックスエリア--<!--index_area-- ><!--/index-->で囲まれた部分)はFC2ブログのページ構成の中で唯一自由なレイアウトと記述が許される部分です。その貴重なページを単なる入口、入室の意思確認の通過点としてだけ使うのは、小説テンプレとしては、もったいなくて管理人にはできません。ですから、ここでは、エンターページを表紙にするのではなく、エンターページのEnterをクリックすると通常の表紙ページが開くようにカスタマイズします。

こういうEnterページをつくります。実際のページサンプルは コチラ

注意 Enterページ・クッションページ付きのブログテンプレートを探して検索からいらした方へこの記事は(拙作Novelテンプレートの)表紙ページ前にエンターページを表示させて、エンターページをクリックすると表紙ページが開くという聊か変則的なスタイルにするためのカスタマイズ記事です。
表紙がエンターページになっており、Enterページをクリックすると通常ブログ画面が開くスタイルがご希望であれば、わざわざこのカスタマイズをするまでもなく、既に、他の作者の方が共有テンプレートとして公開なさっていますのでそちらのご利用をおススメ致します。

名前:sword_and_magic_a 作者:GB[greenbeetle2] サンプル
名前:enter_frame023 作者:テンプレ用[dhinohiba]  サンプル
名前:enter_frame013 作者:テンプレ用[dhinohiba] サンプル
名前:enter_frame 作者:テンプレ用[dhinohiba] サンプル
名前:Corona 作者:ジエン or (・∀・)[xlepidopterax] サンプル
また、上のようなエンターページ付きのテンプレートではない普通のテンプレートにエンターページを付けたい場合は以下の記事が御参考になるかと
FC2ブログの歩き方ブログ様「Enterページを作りたい

new-ani05.gif 2012.10.25.追記この記事とは別の方法で表紙の前にクッションページを実装したNovelテンプレートを作成し、現在、共有テンプレートとして公開中です。

こういうEnterページになります。実際のページサンプルは コチラ

詳しくは novel-C-Enter 同人サイト様向きエンターページ付き小説テンプレート



このカスタマイズはプライベートモードを解除して、今までのパス入力のページに変えて、Enterページを表示させることになります。単純な検索避けは施しておきますが、本格的な検索避けをご希望の場合は、やはり従来通り、プライベートモード設定になさった方がより安全であり効果が高いです。


但し、誤解のないように最初に申しあげておきますが、こうした入室(閲覧)の意思確認のページは、一見格好いいように思えますが、小説を読みに訪れた読者にとっては検問所のようなもので、決して歓迎できるものではありません。

トップページは『扉ページ』にしない
 人は次の情報を見るために、余計な作業をさせられることを嫌います。

 「あ~、なんかめんどくさいなあ」という心理です(汗)。
 だから、トップページが注意書きと「enter」になっていて、
 メインページと分けられているようなサイトは、訪問者に負担を強いていることになります。
 小説サイトでは、表紙の意味も兼ねてか、このような扉ページがあるサイトが多いです。
 
 本の場合なら美しい(萌えな)表紙は、人目を引くための重要な要素ですが、
 Webサイトであれば扉ページはまったく必要ありません。
 訪問者が、すぐに各コンテンツに入れるようにしてあげた方が親切です。
 
 ただし、例外として、官能小説やボーイズラブのようなコンテンツがあるサイトであれば、
 事前にそれを知らせる必要があるため、扉ページを設置する配慮が必要でしょう。

ライトノベル作法研究所様「魅力的な小説サイトを作って発表しよう」より



最近のWebデザインでは、Enterページ(エンターページ)というのはあまり好まれません。にもかかわらず一定の需要があるのは、アダルトサイトのような年齢認証を必要とするサイトや、特定のジャンルで見る人を限定したいサイトが、それを必要としているからなのですね。ここをこれから読もうとしている方は、そういう方々であろうと推定して、書き進めていきます。

何となくEnterページがあるほうがかっこいい、とか、「ようこそ!」なんて入れて最初に挨拶したい、なんて思っている方は、もう一度考え直してみてください。あんまり意味がないし、閲覧者に余計な1クリックをさせるという意味で、好まれないケースもあるためです。

FC2ブログの歩き方ブログ様「Enterページを作りたい



ホームページ工場計画:エンターページはいらない
2u WebDesign.com:エンターページ(扉ページ)

あまり評判のよろしくないEnterページですが、それでもやっぱり必要なサイトもあるわけです。

サイトのインデックスページで、いきなりメニューが表示されるのではなく、「いらっしゃいませ」とか注意書きが書いてあり、メニューページへのリンクが張ってあるサイトって、結構あると思います。このリンクの張ってあるページのことを、enterページといいます。
 アクセスアップサイトで、「無駄!!」とまるで親の敵のように嫌われているenterページですが、同人サイトにおいては、結構必要なものなんじゃないかと思います。
 それは何故か。
 同人サイトはジャンル、カップリングによって、どうあっても人を選んでしまうものだからです。
 どんなに内容が素敵なサイトでも、その元ネタがわからないと、さっぱり理解ができない、というのはよくある話です。
 それに好きなジャンルでもカップリングが違ったり、「BL」を扱っていたりしていると「だめ」っていう方はいらっしゃいます。そういう出会いっていうのは、訪問する側も、訪問される側も悲しいものでしかないですから、enterページは必要だと思うのです。

二次創作同人娘のためのアクセスアップ講座さま
enterページは必要? 同人サイトでのenterページについて




というわけで、このカスタマイズは、本当にEnterページが必要なサイト様、なお且つ、プライベートモードに設定した場合ほど検索避けの効力がなくてもOKなサイト様のみお試しください。


tiyuumoku-ani02.gif2012.8.19.追記
つい先日の事ですが、あるブログで、このカスタマイズを拙作テンプレ不正改造隠ぺいのために使われていることが発覚いたしました。問題のブログに関してはサポートにご相談させていただきひとまず解決したのですが、このような事態を回避するために、今後は、実際のカスタマイズの解説記事は別記事とし、限定公開とさせていただきます。ご面倒をおかけして大変申し訳ありませんが、カスタマイズ記事閲覧希望の方は、ブログURL明記の上、当記事にコメントください。折り返し、ブログへ伺い、コメントにて閲覧パスワードをご連絡させていただきます。 メールでお返事することはありませんので、必ず、コメント、もしくは拍手コメントを受信できる状態にしてお待ちください。


osirase-ani02.gif2012.10.17.追記
上とは別の方法で拙作テンプレに簡易版のエンターページをつけるカスタマイズを公開しています。
詳しくはEnterページ(扉・クッションページ)をつくる その2

new-ani05.gif2012.10.25. その2の方法でクッションページを実装した共有テンプレート作成しました。
詳しくはnovel-C-Enter 同人サイト様向きエンターページ付き小説テンプレート
関連記事

この記事にコメン卜するこの記事にコメン卜する



テンプレートを一般ブログスタイルに変更する  

テンプレートの衣替え

カスタマイズの難易度3 カスタマイズの難易度3

Novelテンプレートは小説専用テンプレートですが、小説以外の用途でご利用の方のために、Novelテンプレートを逆アレンジした一般ブログ用テンプレートも公開しています。

osirase-ani02.gif2011.12.26. 追記小説用のテンプレートであっても、ver1112以降のバージョンであれば、スタイルシートの末尾に以下を追加すると、NovelListへのリンクボタンを含めて、テンプレート内から小説関連の表示が全て非表示になりますので、簡易型の一般用テンプレとしてご利用になれます。
.delete { display : none!important ; }


現在、一般用テンプレートとして公開しているのは各タイプ、それぞれ表紙ありと表紙なしの二種類づつだけですが、スタイルシートを変更することで、公開中の全ての小説用テンプレートを一般ブログ用としてご利用になることができます。


テンプレートのタイプ表紙付き(HPサイト風)表紙無し(一般ブログスタイル)
templateタイプ
tempタイプ共通

normal-temp_1
 s10-normal-temp_1.jpg

normal-temp_2
 s10-normal-temp_1.jpg
Sタイプ
normal-S-simple1
normal-S-simple1

normal-S-simple2
 s_normal-R-Cat.jpg
Rタイプ・Rfタイプ共通
normal-R-Html-1
 normal-R-Html-1"

normal-R-Html-2
 normal-R-Html-2
PFタイプPF2タイプ共通
normal-PF-Sky
 s-10normal-PF-Sky.jpg

normal-PF-Black
 20100710-102428-67134400.gif

テンプレート名をクリックすると、それぞれのテンプレートの解説記事が開き、画像をクリックするとテンプレートがプレビューされます。

まだ一般ブログ用を公開していない上以外のタイプの新作テンプレート(GタイプやJタイプ)も、上の(PFタイプ・PF2タイプ以外の)一般用テンプレートのHTMLを用いれば、デザインは同じまま一般用ブログテンプレートに変更できます。但し、表紙ページはポップアップや折りたたみ機能はなく、変更したテンプレートのタイプと同じレイアウトで表示されます。
関連記事

この記事にコメン卜するこの記事にコメン卜する



小説本文(個別記事)ページで特定のカテゴリOR作品(カテゴリ)ごとに違うバナーや定型文を表示させる  

小説本文(個別記事)ページ

カスタマイズの難易度3 カスタマイズの難易度3

注意 2011.9.7.以前にDLしたテンプレートではこのカスタマイズが正しく反映されません。大変申し訳ありませんが、このカスタマイズをお試しになる場合は、HTMLのバージョンナンバーが、ver1110 もしくはverPF1105 以降の最新版を再DLしてご利用ください。

改訂版のテンプレートの個別記事ページでは、作品(カテゴリ)ごとに違う定型文やランキングバナーを表示させることができます。
このカスタマイズは目次ページではなく、小説本文ページにカテゴリごとに違うバナーを表示させるカスタマイズのご紹介です。
目次ページに作品ごとに違うバナーを表示させる場合は コチラ コチラ
通常ブログ画面で作品ごとに違うバナーを表示させる場合は コチラ コチラ


個々の作品別にジャンルの違うランキングに参加する場合に便利なカスタマイズですが、表示されるのは、FC2ブログ拍手タグや前話次話へのページナビゲーションの後になります。記事本文と拍手タグ等の間に割り込んで表示させることはできません。記事本文の直下に表示したい場合は、従来通り、記事の編集画面の末尾にタグを追加してください。

カテゴリの番号の確認


テンプレートをカスタマイズする前に、表示させるカテゴリの番号を確認しておきます。
カテゴリ番号は[カテゴリの編集]画面のカテゴリ一覧リストの一番左、# をクリックすると表示される番号がそれですが、目次ページのアドレスからも確認できます。
http://noveltemplate.blog26.fc2.com/blog-category-〇〇.html
〇〇がそのカテゴリのカテゴリ番号です。
関連記事

この記事にコメン卜するこの記事にコメン卜する



フルスクリーンテンプレートの衣替え  

テンプレートの衣替え

カスタマイズの難易度3 カスタマイズの難易度3
フルスクリーン仕様のテンプレートでは、閲覧画面に合わせて背景画像のサイズも変動します。IE7以上であればワイド画面でも縮小画面でも画像が切れません。(IE6以下は固定サイズ通常表示)

normal-PF-Planet2
normal-PF-Planet2


フルスクリーン表示されるテンプレートのスタイルシート冒頭には以下のように記されています。

/* =============================================
~ 中略 ~

但し、このテンプレートの背景画像はIE7以上ではフルスクリーンで表示させているため
基本のHTMLに、フルスクリーン表示のためソースが追加してあります。
他のCSSに変更する場合はHTMLから必ずこのソースを削除し
逆にこのCSSに変更する場合は追加してください。
ソースを削 除もしくは追加せずに衣替えをした場合、
IE6以外では背景画像が表示されません。

詳しくは作者ブログ解説記事を参照⇒http://noveltemplate.blog26.fc2.com
============================================= */



スタイルシートで背景を指定しているわけではなく、HTML中にフルスクリーン表示の為のソースを追加してあるので、衣替えの際には、このソースを追加、もしくは削除する必用があります。

テンプレートのカスタマイズ


[菅理画面]⇒[環境設定]⇒【テンプレートの設定】をクリックして
テンプレートの管理]ページを開く


PCテンプレート [ テンプレート名 ] 適用中
[ テンプレート名 ] のテンプレート名変更
テンプレート名 のHTML編集
テンプレート名 のスタイルシート編集         こんなふうに上から順番に並んでいます。

HTML編集]部分をカスタマイズします。
フルスクリーン表示のための追加ソースはボディタグ<body>の直下にあります。

PFタイプ・PF2タイプ

<!--not_date_area--><!--not_search_area--><body id="<!--index_area-->index<!--/index_area--><!--permanent_area-->permanent<!--/permanent_area--><!--category_area-->category<!--/category_area--><!--tag_area-->tag<!--/tag_area--><!--edit_area-->edit<!--/edit_area--><!--titlelist_area-->titlelist<!--/titlelist_area--><!--page_area--><!--not_index_area-->page<!--/not_index_area--><!--/page_area-->"><!--/not_search_area--><!--/not_date_area-->
<!--date_area--><body id="date" class="date1"><!--/date_area-->
<!--search_area--><body id="search" class="search1"><!--/search_area-->

<!--フルスクリーン表示のための追加ソースここから-->
<!--index_area--><img class="bg" src="画像ファイルアドレス" alt="" /><!--/index_area-->
<!--フルスクリーン表示のための追加ソースここまで-->


<!--▼▼▼▼右フレーム(メインボックス)▼▼▼▼-->

<div class="main_frm<!--category_area--> cat_bg<%cno><!--/category_area--><!--permanent_area--><!--topentry--><!--parent_category--> en_cat<%topentry_parent_category_no><!--/parent_category--><!--/topentry--> en_cat<!--topentry--><%topentry_category_no><!--/topentry--> en_bg<%pno><!--/permanent_area-->">



スタンダードタイプ

<body <!--index_area-->onload="hidethem()"<!--/index_area--> id="<!--index_area-->index<!--/index_area--><!--permanent_area-->permanent<!--/permanent_area--><!--date_area-->date<!--/date_area--><!--category_area-->category<!--/category_area--><!--search_area-->search<!--/search_area--><!--tag_area-->tag<!--/tag_area--><!--edit_area-->edit<!--/edit_area--><!--titlelist_area-->titlelist<!--/titlelist_area--><!--page_area--><!--not_index_area-->page<!--/not_index_area--><!--/page_area-->">

<!--フルスクリーン表示のための追加ソースここから-->
<img class="bg" src="画像ファイルアドレス" alt="" /><!--フルスクリーン表示のための追加ソースここまで-->


<div class="main cat_bg<%cno><!--permanent_area--><!--topentry--><!--parent_category--> en_cat<%topentry_parent_category_no><!--/parent_category--> en_cat<%topentry_category_no><!--/topentry--> en_bg<%pno><!--/permanent_area-->">

<!-- アクセス解析タグはここから -->



同じデザインのまま表紙を別タイプのレイアウトにする場合はHTMLを変更しますが、その場合は、
変更したHTMLの同じ場所(ボディタグの直下)にフルスクリーン表示のためのソースを追加します。

レイアウトは同じまま別デザインに変更する場合はスタイルシートを変更しますが、その場合は、
HTMLからフルスクリーン表示のためのソースを削除します。
更新 】 をクリックする。
関連記事

この記事にコメン卜するこの記事にコメン卜する



【改訂版】ポップアップ表示のカスタマイズ  

テンプレート別のカスタマイズ

カスタマイズの難易度2 カスタマイズの難易度2…メニューボタンを追加するだけの場合
カスタマイズの難易度3 カスタマイズの難易度3…ポップアップされる内容・表示設定を変更する場合

novel-PFタイプ・novel-J・Jfタイプのテンプレートでは表紙ページのサイドメニューのボタンをクリックするとメインカラムにその説明がポップアップで表示されます。以下は、それらポップアップ表示に関するカスタマイズのご紹介です。

ポップアップのスクリプトは「イヌでもわかるJavaScript講座」様からお借りしました。

冒頭の「このJavaScript講座はプログラミング知識がない人もサンプルをただ埋め込めば使えるように作られています。」というお言葉が涙がでるほど嬉しかった管理人であります。

最初に申し上げておきますが、管理人、Javaの知識全くもって皆無でありますので、こと、このポップアップに関しての、ご質問などは、平にご容赦くださいませ。「知らないなら使うな!」というお叱りを受けても仕方のない無謀さでありますが、厚顔無恥なこの暴挙を御許しくださいませ。実は管理人、ずっと以前から、このポップアップ表示を拙作テンプレ表紙メニューで使いたくて、使いたくて仕方がなかったのです。スキルはなくとも、探すのは苦にならない性質でありますので、ネットを探しまわって、コピペでOK,なんとか管理人でも装着でき、しかも装着後にも作動してくれるスクリプトにようやく出合う事ができました。
念願をかなえてくださったイヌでもわかるJavaScript講座管理人様にはただただ感謝であります。

以下はそのポップアップ表示のカスタマイズですが、何度も申しますが、Javaの知識ゼロの管理人でありますので、カスタマイズはHTMLに関する部分だけのご説明です。
カスタマイズしたら窓が開かなくなった、あるいはとんでもないところに窓が表示されてしまう…系の事態に陥った場合には、ご自力でご解決、もしくは、再度のDLで初期設定で我慢なさってくださいませ。本当に申しわけありませんが、管理人はお力になれませんです。

メニューボタンと、ポップアップ表示のソースはHTMLの別々の箇所にあります。記載されている位置・順番はテンプレートによって違いますので、スクロールしてそれぞれの箇所を探し、必要に応じて、その片方、あるいは両方の箇所をカスタマイズしてください。
関連記事

この記事にコメン卜するこの記事にコメン卜する



Enterページ(扉・クッションページ)をつくる その2  

裏技カスタマイズ

カスタマイズの難易度3 カスタマイズの難易度3

エンターページとは、同人サイトや年齢制限サイトなどでよく見かける、入室の意思確認のためのページのこと。クッションページ扉ページとも呼ばれています。

13503617523LEZTfaJ5dJxtTL_1350361752.gif

以前StyleKeeperを使ったエンターページの記事をアップして以来、毎日必ず何人かはエンターページ・クッションページのキーワードで検索からいらっしゃいます。

どうやら管理人が考えていた以上にエンターページの需要は高い様ですが、ブログにエンターページをつける場合、通常はブログのトップ(表紙)ページ(インデックスエリア<!--index_area-- >~<!--/index-->で囲まれた部分)をそれに当てなければなりません。しかし、以前も述べましたが、ブログのトップ(表紙)ページはFC2ブログのページ構成の中で唯一自由なレイアウトと記述が許される部分であり、拙作テンプレにとっては全ての情報を集約させたそれこそ心臓部ともいえる最も重要なページになります。その貴重なページを単なる入口、入室の意思確認の通過点だけにすることはできません。

そこで今回ご紹介するのは、表紙ページの代わりにエンターページを表示させる従来の方法ではなく、またその1でご紹介したStyleKeeperで別テンプレートをプレビューさせる方法でもなく、インデックスエリア<!--index_area-- >~<!--/index-->内にエンター画面と通常の表紙画面の両方を組み込んで別々に表示させるカスタマイズになります。

お知らせエンターページ実装済みで、簡単な検索避けを施した「novel-C-Enter 同人サイト様向きエンターページ付き小説テンプレート」も共有テンプレートとして公開しています。


こういうエンターページになります
s2_EnterA.jpg
Enterをクリックすると通常の表紙が表示されますが


s_Enter2.jpg

別ページが開いたのではなく、ただ単にアンカーを置いた位置(表紙画面pagetop)までページ内移動させています。
実はこのエンターページ、通常の表紙の上に画面の高さの分だけ、帽子のようにエンター画面をポンと置いてあります。
s2_bosi.jpg

しかし、エンター画面にスクロールは表示されないので、Enterをクリックしないと通常の表紙画面へは移動できません。また表紙画面をスクロールしても通常であれば、エンター画面へはもどれないので、ちょっと見ただけだと全く別ページへ移動したように見えます。
とは言え、表紙画面に移動してから画面サイズを変更させと、表紙の上にエンター画面の下部が現れてしまうのが玉に傷……(^^ゞ

但し、前にも述べましたが、この様なエンターページは訪問者にとっては検問所のようなもので、決して歓迎されるものではありません。サイトの性質上必用であろう、同人系・二次創作系サイト様など以外は、正直オススメできない代物ですので、導入を検討なさる場合はその点もご一考ください。詳しくはコチラ
関連記事

この記事にコメン卜するこの記事にコメン卜する



novel-C-Enter 検索避けの解除 & SEO対策  

裏技カスタマイズ

カスタマイズの難易度3 カスタマイズの難易度3

novel-C-Enter は同人サイト様向けに作成したために、検索エンジンに拾われ難くなるように、簡単な検索避けを施してあります。詳しくはコチラ

検索避けは初歩的なものだったので、あまり効能はないと思っていましたが、思いがけず結構効いているようで、novel-C-Enterを適用中のブログサイトの場合、掲載作品名で検索しても、末尾に?mがつく、携帯版サイトのアドレスはヒットしても、本来のパソコンサイトのアドレスはヒットしないようです。

なるべくひっそりと運営したい二次創作サイト様などであれば、これで万々歳なのですが、検索避けは不要な一般の小説サイト様が御利用の場合、検索避けを解除する必用があります。


特に、よそからお引っ越しなさってきた場合など、このままでは非常にマズイです。
なにしろ、読者が、作品名を頼りにサイトを探そうとしても、ヒットするのは携帯サイトのみ。しかも、表示される携帯サイトは、小説用テンプレートで設定していない場合、どうみても小説サイトにはみえないため、諦めて帰ってしまうケースが多々あるからです。
ヒットした、携帯サイトの末尾の?mを削除すればパソコンサイトが表示されますが、そんな事を知っている読者が少ないことを考えると、望ましい状態とはいえません。

ということで、以下はnovel-C-Enter の検索避けを解除するカスタマイズです。
関連記事

この記事にコメン卜するこの記事にコメン卜する


H O M E


 難易度別カスタマイズ ▼


 よくあるご質問


 カスタマイズの手引き


 テンプレートマニュアル ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。