AX
テンプレートマニュアル
裏技カスタマイズ
通常ブログ画面をJavaScript無効時にページ移動後も別テンプレートで表示させるカスタマイズ
⇒目次[5]

カスタマイズの難易度2(変更箇所は2〜3箇所) カスタマイズの難易度2

以前ご紹介した 通常ブログ画面だけを別のテンプレートで表示させるカスタマイズ ですが、これだけでは、前後ページへ移動した場合、元のテンプレートに戻って表示されてしまいます。
そのため、JavaScript有効時限定ではありますが、通常ブログ画面で、 前後ページへ移動後も、そのまま別テンプレートで表示させるためには、StyleKeeper をお借りするカスタマイズ⇒ 通常ブログ画面だけを別のテンプレートで表示させるカスタマイズ 【重要補足事項】 をおススメしておりました。

これはこれで、もちろんOKなのですが、別テンプレートで表示させる場合の前後ページのプレビューアドレスが判明いたしましたので、これを使ったカスタマイズをご紹介しておきます。
このカスタマイズは、JavaScriptを用いませんので、JavaScript有効、無効に関わらず動作します。

以下のカスタマイズは、通常ブログ画面だけを別のテンプレートで表示させるカスタマイズ に付随するカスタマイズです。それらを完了させた後の作業のみを説明致します。
カスタマイズの方法

サブテンプレート sub_template の編集画面を開きます。

HTML編集]部分をカスタマイズします

通常ブログ画面を表示させるサブテンプレートが、拙作テンプレ(管理人が作成した他のNovelテンプレート)か否かで多少カスタマイズが違います。
管理人が作成した他のNovelテンプレートをサブテンプレートとする場合は、<head > と </head> で囲まれた部分から以下の個所を削除します。

<!--not_edit_area--><!--not_tag_area--><!--not_permanent_area--><!--not_titlelist_area--><!--not_category_area--><!--not_index_area-->

<script type="text/javascript" src="http://blog-imgs-45.fc2.com/n/o/v/noveltemplate/pagenavi_new.js" charset="utf-8"></script>

<script type="text/javascript" charset="utf-8"><!--

/* ページナビ用変数 */

prevpageurl = '<!--prevpage--><%prevpage_url><!--/prevpage-->';

nextpageurl = '<!--nextpage--><%nextpage_url><!--/nextpage-->';

n = '<%total_pages>';

//--></script>

<!--/not_index_area-->
<!--/not_category_area--><!--/not_titlelist_area--><!--/not_permanent_area-->
<!--/not_tag_area--><!--/not_edit_area-->



これ以外は同じです。以下は拙作も他の公式・共有テンプレートも共通です。

サブテンプレートのHTMLをメモ帳へコピペします。

カーソルをHTML編集のテキストエリアにもってゆき、
右クリック ⇒ 【すべて選択】をクリック 
反転したらもう一度
 右クリック ⇒ 【コピー】をクリック
そのままカーソルをさっき開いたメモ帳の上に持ってゆき、
右クリック ⇒ 【貼り付け】をクリック
メモ帳に、サブテンプレートのHTMLが丸ごとコピペされたと思います。ここからはメモ帳の上での作業になります。

メモ帳の置き換え機能をつかって文字列を変換します。



メモ帳のツールバーの、
編集】⇒【置き換え】をクリック
細長く小さな別窓が開かれます。

 その窓の【検索する文字列】の欄に 
<%nextpage_url> 
【置き換えする文字列】に 
<%nextpage_url>?template=sub_template と入れて
すべて置き換え】をクリック

次に
【検索する文字列】の欄に 
<%prevpage_url> 
【置き換えする文字列】に 
<%prevpage_url>?template=sub_template と入れて
すべて置き換え】をクリック 

置き換えが終わったら、
 右クリック ⇒ 【すべて選択】をクリック 
反転したら
もう一度 右クリック ⇒ 【コピー】をクリック
ブログ画面にもどって、さきほどのHTMLの編集テキスト部分に、カーソルを持ってゆき、
右クリック ⇒【すべて選択】をクリック 
反転したら
もう一度右クリック ⇒ 【貼り付け】をクリック

更新 】 をクリック

これで、通常ブログ画面から前後ページに移動した場合でも、JavaScript有効、無効に関わりなく、サブテンプレートで表示させることができます。

次ページ は
⇒ 目次 [5] から

申し訳ありません<(_ _)>
一旦[目次]へ戻らないと
ペーシ移動できません

2015/01/06 

[6] コメントを書く
[8] トラックバック (0)
menu
ログイン
友達に教える